2011年10月11日

19世紀日本芸術に再び光=シカゴ万博「鳳凰殿」欄間―米のはなしともいえます。

ちょうど、トップ10のへんな議題さがしてます。
知見から感じると、なんですね〜
19世紀日本芸術に再び光=シカゴ万博「鳳凰殿」欄間―米のはなしともいえます。 の事等掘り下げ速報も気の毒ですよね。

☆★☆

19世紀日本芸術に再び光=シカゴ万博「鳳凰殿」欄間―米
時事通信 10月11日(火)14時34分配信

【シカゴ時事】1893年のシカゴ万国博覧会で、日本が出展した「鳳凰殿」内の4枚の欄間がこのほど、シカゴ美術館に常設展示された。日本政府は同万博で伝統美術の諸外国へのアピールに躍起になっていたといい、当時の名残をとどめる埋もれていた逸品に再び光が当たることになった。

欄間は天井とかもいの間の部分。この場所に取り付けられている装飾板自体を指す場合もある。

同美術館のジャニス・キャッツ学芸員によると、常設展示された欄間は同博覧会に彫刻「老猿」を出品した高村光雲の作品。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111011-00000054-jij-int

★☆★

明日の社会の動向は今後イカナル変成があるか乞うご期待!!
心待ちして待っていたら・・・
これでもってしまいです。


昨日の俗学
昨日の一歩
今日の復習
今日の有識
昨日のうんちく
昨日の科目
きのうの伝え
きのうの勉学
posted by びゅいお at 15:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。